おつかれさまです、若菜です。旦那と2人で会社辞めてスコットランドにいます。

結婚して間もなく仕事を辞め、旦那と二人でスコットランドにやってきました。いや、これ、マジで大丈夫か。。。。という不安と戦いながら、今日も生きています。

スコットランド・エディンバラでアルバイトを始めた話

おつかれさまです、若菜です。

「あ〜あ、海外住んで日本食レストランとかでバイトして暮らすの夢だわ〜。」
 
と、数年前に現実逃避で言ってたことがあったのですが、この度、その夢を叶えることに成功しました。
 
先月から、エディンバラのど真ん中にあるとってもかわいい日本食レストランでアルバイトを始めてみました。 
 

f:id:wakanapooh27:20180810171305j:plain

f:id:wakanapooh27:20180810171241j:plain

唐揚げ、たこ焼き、牛丼、鉄火巻きなど "The 日本食" というメニューもありながら、現地の人の好みに合わせてアレンジしたメニューも沢山あるお店です。私は、オーストラリア人のシェフとともにキッチンで働いています。
 
ここでバイトを始めてもうすぐ1ヶ月が経ちますが、英語圏での初めてのお仕事としてはとっても良い環境だなと思っています。今回のアルバイトの一番の目的は英語の上達なので、お金をもらいながら語学学校に行っているような、ちょっと得した気持ちです。
 
バイト先には、スコットランド人、オーストラリア人、アイルランド人などの英語を母国語として話す人と、
スペイン人、ポーランド人、中国人のオーナー、日本人のマネージャーさんなどの英語を第二言語として話す人がいます。
 
ここでだけでなく色々な場面で感じることなのですが、英語って1つの国の言語ではなく本当にたくさんの国の人が話す言語なので、なんというか.....とっても自由度が高いです。発音や言い回しも様々なのに、みんな普通に分かり合っていて「あぁ、英語ってこういう言語なんだな。」と身にしみました。完璧じゃなくてもよくて、とにかく伝わることが大事だということです。少しだけ苦戦してますが、なかなか楽しいです。
 
 
ただ、1つ悩みが!
「雑談」の英会話が、まったく聞き取れません。
 
バイトって、ちょっと手が空いたときとか、作業しながらとか、みんなでぺちゃくちゃ喋りながらやるのが楽しかったりしますよね。それを楽しめない歯がゆさ。。
 
「どうでもいい話を誰とでも永遠にできる」というのが、私の持ち合わせている最大にして唯一のスキルなのに、言語の壁が立ちはだかり、翼をもがれた鳥のようです。
 
まあ、暗い日本人だと認識されぬよう、ニコニコしておくしかないですね。
今から1ヶ月後、いや、(1ヶ月は無理だな... ) 3ヶ月後くらいには、雑談に加われることを夢見て、日々精進いたします。
おわり。