おつかれさまです、若菜です。旦那と2人で会社辞めてスコットランドにいます。

結婚して間もなく仕事を辞め、旦那と二人でスコットランドにやってきました。いや、これ、マジで大丈夫か。。。。という不安と戦いながら、今日も生きています。

エディンバラ・フェスティバル2018 まとめ

おつかれさまです、若菜です。

9回にわたって、フェスティバル体験レポートを書いてきましたが、今回は、フェスティバル全体のまとめです。はじめてのフェスティバルシーズンを実際に体験して、わかったことを書いていこうと思います。

◆とにかく街全体がフェスティバル!

想像以上に"街全体"でのフェスティバル感がありました。大学も、パブも、レストランも、公園も、広場も、劇場も、全部フェスティバル会場になっちゃうんです。すごい。これだけ街全体で芸術祭をするなんて日本では考えられない。日本にもこんな街・こんなイベントがあったらいいなぁと思いました。

f:id:wakanapooh27:20180831071619j:plain

↑ 大学の校舎

 

f:id:wakanapooh27:20180831060512j:plain

↑フェスティバルのために噴水が出現!

 

◆たくさんのフェスティバルが一気に開催!

なぜこんなに街が盛り上がっているのかというと...

フリンジフェスティバル、インターナショナルフェスティバル、ブックフェスティバル、アートフェスティバル、エディンバラ城ミリタリタトゥーなど、たくさんのイベントが8月に同時開催されるからなのです。

f:id:wakanapooh27:20180831060516j:plain

どうりで街は賑やかなわけです。

 

◆その中でも、フリンジフェスティバルというやつが、一番大規模。

断然一番規模が大きいのは、フリンジフェスティバルです。とにかくショーの数が半端じゃないんです。会場も街全体に300カ所以上。チケットは、高いものでも£15前後。中には無料のショーもたくさんあります。なので、1つや2つだけでなく、たくさんのショーを見に行けます。

そして、最高だったもの、まぁまぁ良かったもの、微妙だったもの、最悪だったもの、いろいろあるけど、いくつか見に行くので、最終、アベレージでそこそこの満足感が得られるんです!そういう仕組み!

 

◆観光客がめちゃくちゃ多いけど、現地の人もフェスティバルを楽しんでいる!

フェスティバル期間中は異常なほど観光客が増えて、現地人は「人が多くて歩けないわ!」とか文句を言っています。しかし、そうは言いながらも、現地人もショーを見に行ったり、イベント会場でお酒を飲んだり、思い思いにフェスティバルを楽しんでいます。観光客だけではなく、現地の人にも愛されているフェスティバルです。

f:id:wakanapooh27:20180831071743j:plain

 

 

◆イギリス人、コメディ大好き。

私はとっても驚いたのですが、コメディーショーの割合がとても高いです。肌感覚、6〜7割のショーがコメディーだったように感じます。イギリス人はスタンドアップコメディが大好きのようです。

f:id:wakanapooh27:20180917064538j:plain

 

さてさて。

エディンバラに来て、はじめてのフェスティバルシーズンでしたが、街中の雰囲気が活気に溢れていてとっても心地良く、来年のこの季節が楽しみになりました。

エディンバラに行くなら、フェスティバル時期がオススメです!

というわけで... 

フェスティバル総合評価:★★★★★

 
 街の盛り上がり: ★★★★★
 リーズナブルに楽しめる: ★★★★★
芸術意識高まる: ★★★★★

 

 

参考: エディンバラで8月に開催されるフェスティバル

◆フリンジフェスティバル 
◆インターナショナルフェスティバル 
◆アートフェスティバル 
◆ブックフェスティバル 
◆エディンバラ城 Military Tattoo