おつかれさまです、若菜です。旦那と2人で会社辞めてスコットランドにいます。

結婚して間もなく仕事を辞め、旦那と二人でスコットランドにやってきました。いや、これ、マジで大丈夫か。。。。という不安と戦いながら、今日も生きています。

マドリードロイヤルパレス(王宮): 豪華すぎて胸焼けした/スペイン・マドリード旅行記

おつかれさまです、若菜です。

スペイン・マドリード旅行記、今回は、マドリードロイヤルパレス(王宮)についてです。

f:id:wakanapooh27:20180920014805j:plain

マドリード王宮は、スペイン王の王宮です。しかしながらスペイン王はここには住んでおらず、郊外で生活されているそうです。なので、主に公的な行事などに使われているとのこと。

f:id:wakanapooh27:20180920014836j:plain

立派!広い!この、青空に白い建物というのが、THE スペイン!という感じがします。

f:id:wakanapooh27:20180920014842j:plain

オーディオガイドを借りて、いざ出発!

f:id:wakanapooh27:20180920015040j:plain

f:id:wakanapooh27:20180920015002j:plain

ほとんどの部屋が撮影禁止だったので写真が撮れず、内装の凄さをお伝えできないのがとても残念なのですが、感想はこの一言に尽きます。

 

「豪華すぎて胸焼けした」

 

一つ一つの部屋にテーマがあって、その世界観の中で細部まで完璧にデザインされているのですが、どの部屋も半端なくきらびやか....

天井も、柱も、壁も、床も、家具も、全部が豪華。

最初は「うわぁ〜!」と、目を輝かせて見ていたのですが、帰るときにはゲッソリしてしまいました。この気持ちはなんだろう....

f:id:wakanapooh27:20180926070010j:plain

そう、この気持ちは、ちょうどこんな感じでした...

昔々、あるお金持ちの国に、王様がいました。王様は王宮をリニューアルすることにしました。

はて、どんな王宮にしようかな。そうだ、国の皆からアイディアを募集しよう!

王様は新しい王宮デザインのコンペをすることにしました。

金商人のアブラハム「王様、こんなお部屋はどうでしょう。壁もテーブルも椅子も、みんなゴールドで揃えております。食器も金で揃えてはいかがでしょう?王様にぴったりです。」

王様「ふむふむ。」

彫刻家のミケランジェロ「いやいや王様、こちらのお部屋も見てください。部屋全体を彫刻であしらっております。柱、天井、テーブル、椅子の足の部分にさえ、豪華な彫刻を施しております。王様にぴったりです。」

王様「ふむふむ。」

絵画コレクターのベロニカ「ちょっとまってください、王様。私はステキな絵画をたくさん持っています。壁に、この貴婦人の絵と、この馬に乗ったカルロスの絵と、この宗教画を飾ってみてはいかがでしょうか?すべてこの豪華な額縁に入れて飾らせていただきます。王様にぴったりですわ。」

王様「ふむふむ。よし、考えてみよう。他にアイディアはないかね?」

名もなき青年「王様、最後に、ぼくのアイディアも、見ていただけないでしょうか。」

王様「君は誰じゃね。まあいいだろう、見てみようじゃないか。」

青年「真っ白な壁と、光の差し込む大きなガラス窓、そして黒のテーブルと椅子。以上です。この部屋で過ごしていただくには、十分な環境です。いかがでしょうか?」

アブラハム・ミケランジェロ・ベロニカ「なんじゃそりゃ!ふざけているのか!」

王様「・・・。」

青年「いかがでしょうか?シンプルで機能的な室内。これこそ、王様にぴったりです。」

王様「.....。君の案に決定じゃ。」

みんな「えええー!?」

そうです。王様は、ミニマリストになったのです。

 


いきなり何を書き始めたんだ、そう思いましたよね。

お伝えしたいことは....

王宮を見終わった後、こんなお話を書いてみたい気持ちになったということです。

おわり。