おつかれさまです、若菜です。旦那と2人で会社辞めてスコットランドにいます。

結婚!退職!海外移住!を同時にしちゃったアラサー女子。旦那の大学院留学に便乗してイギリス(スコットランド)で奮闘している若菜さんの雑記ブログです。 日々の徒然/英語/イギリス/ヨーロッパ観光・旅行/絵本

HUBでも飲める!おすすめスコットランドビール「パンクIPA」

おつかれさまです、若菜です。

 

今日は、みんな大好き ビールのお話。

 

スコットランドといえばウイスキーが有名ですが、ビールの醸造もとても活発なのです。

 

日本の普通のスーパーでは

「アサヒ、キリン、プレモル、サッポロ黒ラベルどれにする〜?」みたいなノリが多いですが、スコットランドではもっと選択肢多め!

 

スコットランドのクラフトビールに加え、ドイツやオランダなど他のヨーロッパ地区のビールも並んでるので、さらに選択肢は増え。。。

 

毎回、どれにしようかと悩んでしまいます!

パブに行った時は更に大変!

 

... あぁ幸せ。

 

 

そんな中から、今日は私のお気に入りビールを1つ紹介したいと思います。

 

PUNK IPA

f:id:wakanapooh27:20190118020121j:plain

スコットランド第3の都市「アバディーン」出身のパンクな若者2人が2007年に起業して作った、ブリュードッグ(BREWDOG)というビールファクトリーが醸造しているビールです。

 

はじめはたった2人だけの会社でしたが、10年経ち、今やなんと従業員1000人超えの会社に成長しています。

 

ただこの会社、なかなかアグレッシブなところがあり...

動物の剥製をボトルにかぶせた、アルコール度数55%の高級ビールを発売し、動物愛護団体をはじめ世間から猛烈に批判された過去が!!!

f:id:wakanapooh27:20190118020118j:plain

発想ヤバすぎ...

 

出典↓ BREWDOG ホームページより

The End of History - BrewDog

 

これには「マーケティングとはいえ酷すぎる!」と非難轟々。

 

でも、そういうのもものともせず話題をかっさらっていく、とってもパンクなビールメーカーです!

 

今やアメリカやアジアにもどんどん売り上げを伸ばす、スコットランドの星ともいえる存在!

 

お味は?

さてさて、このビールのお味ですが...

一言で言うと、新しい感覚!

 

苦すぎもせず爽やかすぎもせず、

しっかり「これぞビール」的な味を楽しめつつ、でもトロピカル!

ビターなグレープフルーツを感じます。 

ホップを惜しみなく贅沢に使っているらしく、ホップのアロマティックな香りが強くてほんとに美味しい!

 

お気に入りです。

 

日本でも飲めるよ!

そしてこのビール、なんと!

日本にも上陸しております!

 

HUBで飲めます!

www.pub-hub.com

HUBのメニューを見たら、誰もが知っているカールスバーグ、バドワイザー、コロナとともに並んでいて、感動。

 

ただ、330ml瓶で730円もするので、ちょっと高すぎですね...。

 

でも一度くらい、試しに飲んでみてくださいね。

 

 

六本木にはBREWDOGのバーがあります!

brewdogbar.jp

ここでは、パンクIPA以外にも、BREWDOGの醸造している様々なビールが飲めるみたいです。

 

六本木で夜遊びしている、そこのあなた。ぜひ、一度行ってみてください。

 

 

amazonでも買えます!

HUBも六本木も行きたいくないわい!という方は、amazonでお取り寄せしてください。

 

2019年も、パンクにはじけていきましょう!

f:id:wakanapooh27:20190118032836j:plain

(写真はBREWDOGのライバル醸造所へ行ったときのもの。。)

 

おわり。