おつかれさまです、若菜です。旦那と2人で会社辞めてスコットランドにいます。

旦那とふたりで会社を辞め、イギリス(スコットランド)で暮らしながら人生模索中の29歳。絵本がだいすきで「自分でも作りたい!」と思い立ち、去年からクリエイティブライティングを習っています。おすすめ英語絵本紹介/ストーリーライティング/英語学習/ヨーロッパ旅行/悩めるアラサー女子コラムなど、思いついたことを書いている雑記ブログです。ポジティブさと大胆さと体力と愛嬌が取り柄。

初心者の私がデッサンに挑戦。

 

おつかれさまです、若菜です。

 

絵本づくりをここ数ヶ月前にはじめた私ですが...

 

www.wakanadesu.com

 

イラストレーターになろうとは思わないけど...

 

サクッと人に伝わる絵が描けるようになりたい

 

と思うようになりました。

 

 

それはきっと、なにをやるにも役立つスキルだから。

 

私は、味のある絵は描けるタイプだと自負してるんですが、はちゃめちゃな絵を描いてしまう傾向にあるので、ちゃんとした絵を描きたいのです。

 

それを旦那に伝えたら、一言。

 

「デッサンやってみるといいよ。」

 

というわけで。

デッサンを数年習っていた旦那が講師となり、デッサン講座開始!

 

 

鉛筆で描いた一本一本の線が、モノの形、質感、影になっていくのだそうです。

 

ものを観察しながら、 もう線一本描き足せない、と思うくらいまで描き込む。

 

それを何度も訓練し続けると、どの線が本当に必要か理解できる

 

→「少ない線の数でも、ものが描けるようになる」

 

→サクッと伝わる絵が描けるようになる(私の願い)

 

だそうです。

 

1日目の功績(未完成)

f:id:wakanapooh27:20190614080940j:plain

下手くそだ...


やり始めたはいいものの....

 

私、こういう時間かかるもの、苦手!

 

 

旦那曰く、デッサンをしている時間はとっても豊か。

 

デッサンに没頭して、他のことを考えないでいられる。もはや瞑想

 

とのことです。

 

 

そういう時間をもつことって、ほんとに大切だと思うのですが...

 

今までの私はそういう時間を確保してこない生き方をしていたなと。

 

よし!どうにか頑張って続けてみよう! 

 

おわり。