おつかれさまです、若菜です。旦那と2人で会社辞めてスコットランドにいます。

旦那とふたりで会社を辞め、イギリス(スコットランド)で暮らしながら人生模索中の29歳。絵本がだいすきで「自分でも作りたい!」と思い立ち、去年からクリエイティブライティングを習っています。おすすめ英語絵本紹介/ストーリーライティング/英語学習/ヨーロッパ旅行/悩めるアラサー女子コラムなど、思いついたことを書いている雑記ブログです。ポジティブさと大胆さと体力と愛嬌が取り柄。

ヨーロッパで売られてるサツマイモは切ると中がオレンジ色で、名前はスイートポテトだよ!

おつかれさまです、若菜です。

 

きのうの晩御飯に、さつまいもスープをつくってみました!

 

じゃじゃんっ!

f:id:wakanapooh27:20191108090526j:plain

あれ、オレンジ色!?

 

そうなんです、ヨーロッパで売られているサツマイモは、日本でおなじみのサツマイモとはちょっと違います。

 

というわけで、今日は、ヨーロッパで売られてるサツマイモについて。 

 

日本のサツマイモとちょっと違う

まず、サツマイモは英語で Sweet Potatoと言います。なんか特別甘い品種なのかな〜?とはじめは思っていましたが、ただのサツマイモでした。

 f:id:wakanapooh27:20191108090817j:plain

イギリスのスーパーでは、だいたいこれくらいの量で1ポンド弱で売ってます。じゃがいもほどではないけど、結構安いですね。

 

そして、切ると中身が人参のようなオレンジ色なのです。

f:id:wakanapooh27:20191108080323j:plain

甘みもちゃんとあって、味は日本のサツマイモにわりと近いですが、若干こちらのほうがサクっとしてる気がします!あまり固くなく、切りやすい!

 

ちなみに、スイートポテトはあたたかい地域で作られるので、イギリスではあまり作られてないみたいです。 今回買ったのは、ブルガリア産でした。 

 

おすすめの食べ方!

一番おすすめの食べ方は、ダントツで天ぷら!

うす〜く切るのがポイントです。日本のサツマイモ天ぷらにも、ホクホク感と甘みは全然負けてませんよっ。

 

そうそう、甘みといえば!アルミホイルでつつんで焼き芋みたいにして食べるのも最高においしいです!

 

あつあつの状態でバターをのせてもいいですが、、、それは guilty pleasureです!!!でも、せっかくなので、のせちゃいましょうっ! 

 

あとは、近所のパブにある私が好きなメニュー、オーブンでまるごと焼くだけ Baked Sweet Potatoもかなりナイス。

 

まるごと焼いたポテトの上に、お肉や野菜やソースなど、好きなものをトッピングするというメニューです。とろとろに煮込まれた豚肉のソースをかけるのが絶品です!

 

芋のくせに、この料理は意外にもビールにも合うんですよね〜。甘いお芋に味濃い目のソース。エンドレスに食べれるやつです。

 

あ、でもやっぱりイギリスで一番目にするのスイートポテト料理は、スイートポテトのスープですね。

 

カフェやレストランで、Soup of the day (本日のスープ)としてよく売られてます!

 

スイートポテトスープのつくりかた

このレシピを参考にしました!

www.bbc.co.uk

 

私はズボラなのでレシピをチラ見してその後は自己流で作ってしまう人なのですが、上手にできました!

 

玉ねぎ・にんじん・生姜・にんにくを炒めて、柔らかくなったら、スイートポテトとお水とコンソメを入れて15分煮る!

 

その後、ミキサーにかけて、お鍋に戻して塩胡椒で味付けたらできあがり。

f:id:wakanapooh27:20191108090830j:plain

超簡単で美味しいです!

生姜をたっぷり入れると体も温まってオススメです。色は違えど、日本のサツマイモでもおいしくできると思います!

 

謎のテンションでイモについて書いてしまいましたが、今が旬のサツマイモを、ぜひ食べてくださいね。

 

その際は、おならに要注意★  

 

おわり。