おつかれさまです、若菜です。旦那と2人で会社辞めてスコットランドにいます。

旦那とふたりで会社を辞め、イギリス(スコットランド)で暮らしながら人生模索中の29歳。絵本がだいすきで「自分でも作りたい!」と思い立ち、去年からクリエイティブライティングを習っています。おすすめ英語絵本紹介/ストーリーライティング/英語学習/ヨーロッパ旅行/悩めるアラサー女子コラムなど、思いついたことを書いている雑記ブログです。ポジティブさと大胆さと体力と愛嬌が取り柄。

あぁ〜ひさびさに、緊張した。

おつかれさまです、若菜です。

 

最近、児童書のライター&イラストレーターのコミュニティ"SCBWI"に入会しようかと考えていて、今日はお試しでミーティングに参加してきました!

 

この団体、英語圏が中心ですが(多分、アメリカが本部?)世界中にグループがあって、日本にもあるみたいです!日本では東京でしかミーティングが開催されてないのですが…

 

出版したことない人もすでに出版経験がある人も属していて、定期的にあるカンファレンスに参加できたり、会員限定のコンペティションに応募できたり、各地域でミーティングがあったり、というコミュニティです。

 

 

「あー。行きたくなーい。」

 

今朝、家を出るときの独り言。

 

久々に初対面の人と会うというのと、このコミュニティに入ってる人が結構ガチ勢なことから、久々に緊張してしまいました。

 

 

こういうの、いつも、参加すると決めたときはやる気に満ちているのに、いざ行く直前になると、なぜ私はわざわざこんなことをやるのだ…だと思ってしまいます。一生ベッドで寝ていたい、と。行ったら行ったで楽しいってわかってるんですけどね。

 

まぁ案の定、絵本書いてる人あるある?なのですが、全員めっちゃくちゃ優しくて、丁寧で、包み込んでくれるような、ほんわかした人たちでした。

f:id:wakanapooh27:20191114082357j:plain

 

このミーティングは、事前に全員のストーリーをメールで共有して、口頭でそれぞれフィードバックし合うというスタイル。

 

私にとって難しいのが、フィードバックを与えることなんですよねー。正直直すとこなんて見当たらなくても、何かしらは改善点を述べなきゃいけなくて、つらい。

 

事前に原稿もらっていたのでフィードバックは与えられたのですが、私のストーリーは、みなさんのに比べたらボロカスで、直すところだらけで死にたくなりました(笑)

 

みんなほんとにレベル高くて、私とは月とすっぽん!

 

存在しているのが申し訳なくなって、今すぐ消えたくなりました。でもまぁどうせ1年後スコットランドから消えるので、ここは恥を捨てて、たとえ邪魔がられても、グループに居座ろうと決意。ハート強め。

 

フィードバックしあえるだけではなくて、無料でメンタリングしてくれる人がいるよーとか、この雑誌にコンペがあるよー、とか、情報共有の場にもなっていて、それはそれは素敵なミーティングでした。

 

お世話になるばっかりじゃなく、いつの日か私からも有益な情報一つや二つ、与えられるようになりたいです。

 

なにはともあれ、新たな良き出会いの日となりました!

f:id:wakanapooh27:20191114082354j:plain

(写真は、全く関係ないネッシーとハイランドカウ)

おわり。