おつかれさまです、若菜です。旦那と2人で会社辞めてスコットランドにいます。

結婚して間もなく仕事を辞め、旦那と二人でスコットランドにやってきました。いや、これ、マジで大丈夫か。。。。という不安と戦いながら、今日も生きています。

Tape Face: 超インタラクティブなコメディーショー/エディンバラ・フェスティバル観光レポート①

おつかれさまです、若菜です。 

1ヶ月間続いていたエディンバラのお祭りも、昨日、終わりを迎えました。
人がごっそりいなくなり、活気もなくなり、抜け殻のような街になっております。でも、これはこれで切なくていい感じ。
 

f:id:wakanapooh27:20180829072427j:plain

 
エディンバラに住み始めて、はじめてのフェスティバル。

f:id:wakanapooh27:20180829072506j:plain

パンフレットをGETし、いろんなショーやイベントに参戦してみました。
 
まず第1弾は、Tape Face ショー
Tape Faceというコメディアン、ご存知ですか?
私は全く知らなかったのですが、「アメリカズ・ゴット・タレント」というアメリカのオーディション番組に出てブレイクしたコメディアンだそうです。
 
 
会場は人が多く、なかなかの熱気。
 

f:id:wakanapooh27:20180829072910j:plain

Tape Face という名の通り、口にテープを貼っているスタイルなのでもちろん一言も喋りません。動きや音楽で笑いを誘います。

 

f:id:wakanapooh27:20180829072411j:plain

パントマイムのようなことをするのかと思いきや、びっくりするほどインタラクティブなショーで、いちいち客席から人を呼び出して、戦わせたり、恥ずかしいことさせたり、踊らせたり、くだらないことばかりやっていました。
 
「めっちゃおもしろい!」というよりかは、観客側がいかに積極的に楽しめるかを試されたショーでした。
ん〜、つまらなくはないけど、そんなにおもしろくもなかったかな〜。私の積極性不足?
 
あとは、「こういう時の音楽はこれ!」みたいな共通認識が、私たち日本人にはあまりわからなくて、それがあまり楽しめなかった要因の1つかな、とも思いました。
(日本でいうと... マラソンのゴールの時の音楽といえば、サライ!みたいな。)
 
でもこのコメディアン、やっぱりアメリカ人にはウケそう。単純で、難しいこと考えずに笑える感じ。
 
 
一言も喋らないんだから、パントマイムみたいな 本気で「すごい!」っていう場面が少しでも観たかった!
というわけで....
 
総合評価:★★★★★
 
おもしろさ: ★★★★★
インタラクティブ度: ★★★★★
謎の世界観: ★★★★★