おつかれさまです、若菜です。旦那と2人で会社辞めてスコットランドにいます。

結婚して間もなく仕事を辞め、旦那と二人でスコットランドにやってきました。いや、これ、マジで大丈夫か。。。。という不安と戦いながら、今日も生きています。

The Magnets: 80年代ヒット曲のアカペラショー/エディンバラ・フェスティバル観光レポート③

おつかれさまです。若菜です。

エディンバラ・フェスティバル観光レポート第3弾です。

エディンバラ フリンジフェスティバルでは、数えきれないほどのショーが日々催されているので(日にちを絞って検索しても、2,000〜3,000件ヒットするレベル...!)お目当のパフォーマーが特にいない私たちにとっては、何を観に行くか決めるのがめちゃくちゃ難しいのです。

ちなみにフリンジフェスティバルのチケットの値段は、高いもので £15くらい。とってもお値打ちなので、みんな「とりあえず観てみるか!」という気持ちで何個もショーを観に行くような風潮です。

というわけで今回は、英語の先生がオススメしていたショーを観に行ってみることにしました。

それが、The Magnets というアカペラグループのショーです。

f:id:wakanapooh27:20180829165124j:plain

The Magnets | Great British A Cappella Stars - London, UK - Book Now

The Magnets というのは、ロンドンのアカペラグループのようです。もちろん知りませんでしたが、物は試しと思い、参戦。 

会場周辺は、なんだか夢の国のような雰囲気。みなさん、ショーの前後にお酒を飲んだり食事をしたりしています。

f:id:wakanapooh27:20180829164548j:plain

ここは普段はただの広場です。フェスティバル中は、このような仮設の会場が街中に溢れかえっています。歩いてるだけで、楽しいです。

The Magnets のショーが催された建物はこちら。うん、かわいい。

f:id:wakanapooh27:20180829164546j:plain

ステージはこんな感じ。

f:id:wakanapooh27:20180829164541j:plain

仮設の施設なのに、装飾や照明もしっかりしていて、めちゃくちゃいい雰囲気。わくわく。

www.youtube.com

Naked 80s というタイトルのショーなだけあって、とにかく80年代のヒット曲のオンパレードでした。残念ながら私は80年代にはまだ生まれていないし洋楽にも疎いため、知っている曲がたまにしかありませんでした。

.....が、とっても楽しめました!

歌だけでなく、ダンスやMCもとっても良かったです。たまにぶっこんでくるイングランドギャグは理解できませんでしたが、終始引き込まれる感じがありました。

また、観に来ている年齢層が高く、おじさんおばさんが昔の曲を懐かしみ、口ずさんだりノリノリに踊っている風景も、なかなか心癒されました。

そして、ショーの中で一番盛り上がった瞬間は、やはりスコットランドのスター「The Proclaimers」のこの曲!

www.youtube.comこの曲が始まった瞬間、全員総立ちでした。もはや、スコットランドの国歌のようなものです。

プロクレイマーズって何ぞや?という方は、前に記事を書いたので、もし興味があれば読んでみてください。

ザ・プロクレイマーズの中毒性がすごい話 - おつかれさまです、若菜です。

 

まとめ。

アカペラグループなので、日本でいうゴスペラーズやRAG FAIRみたいな感じだけど、それよりもっとカッコ良くて、面白かった!

総合評価:★★★★
 
歌のうまさ: ★★★★
盛り上げ度: ★★★★
お兄さんたちのかっこよさ: ★★★★★