おつかれさまです、若菜です。旦那と2人で会社辞めてスコットランドにいます。

旦那とふたりで会社を辞め、イギリス(スコットランド)で暮らしながら人生模索中の29歳。絵本がだいすきで「自分でも作りたい!」と思い立ち、去年からクリエイティブライティングを習っています。おすすめ英語絵本紹介/ストーリーライティング/英語学習/ヨーロッパ旅行/悩めるアラサー女子コラムなど、思いついたことを書いている雑記ブログです。ポジティブさと大胆さと体力と愛嬌が取り柄。

ブログをコツコツ続ける嫁

旦那です。

 

約一年前にはじまったこのブログ。嫁がコツコツと記事を書き溜め、現在(2019年6月時点)120記事を超えました。

 

「たまにはブログの記事書いてよー」

 

と嫁からお願いされるのですが、いざ何かを書こうとしても、なかなか筆が進みません。

 

というのも、何かをする前にいろいろと考えすぎてしまう節があるのです。

 

 

色々考えすぎて、結局なにもできない

 

「これはブログに書くようなことでもないし、、」

 

とか

 

「これ、誰か知りたい人いるんかな?」

 

とか

 

「そもそも、ぼくは、このブログの記事を通して何か伝えたいことはあるんか?」

 

なんて、ほぼほぼ言い訳のようなことを思いながら、結局は記事を書かずにいるわけです。

 

そんなぼくからすると、コツコツと記事を書いている嫁スゲーなと思うわけです。

 

同じような生活をしてるのに、あ、そんなことで記事ひとつ書けるのね、と。

 

とりあえず、かたちにする

 

嫁のブログを読んでいて感じるのは、とりあえずかたちにしてみるって大事だなってこと。

 

正直、どうでもいいこと書いてる記事がほとんどです。取り立ててイイこと書いてるわけでもないし、綿密な情報ブログでもないわけです。

 

しかし、どうでもいいことでも、とりあえずかたちにしてみると、意外とほっこりする記事やな、みたいな時があるわけです。

 

もちろん事前に、どんな人への記事で、なにを伝えたくて、なんてことをしっかり考えられて、記事もバッチリ仕上げられたら、それがベストではありますが、なかなかそんなことも難しいんじゃないでしょうか。

 

くだらないことでも、とりあえず記事を書き始めて、ブログの記事をコツコツ増やしている嫁から、「とりあえずかたちにしてみる大切さ」を感じたり、感じなかったり。

 

これは、ブログに限ったことではなく、まぁ、いろんなことにいえるんじゃないでしょうか。

 

バッチリでなくても、とりあえず、いったんかたちにしてみる。

 

つまづいたっていいじゃないか、にんげんだもの。

みつを

 f:id:wakanapooh27:20190612082858j:plain

いうて。