おつかれさまです、若菜です。旦那と2人で会社辞めてスコットランドにいます。

結婚して間もなく仕事を辞め、旦那と二人でスコットランドにやってきました。いや、これ、マジで大丈夫か。。。。という不安と戦いながら、今日も生きています。

日が短いとダメになっちゃう私の話

おつかれさまです、若菜です。

 

いつも読んでくださっている方はお気づきかもしれませんが、最近、ブログの更新頻度が激減しております。

 

理由(言い訳)はただひとつ。

 

日が短すぎる!!!

 

病んでいるわけでも、ブログを辞めたいわけでもありません。

 

ただ、、、

日が短いと、何もできなくなっちゃうんです。

 (ダメ人間感がスゴイ。)

 

最近のスコットランドは、

日の出が午前8時半(明るくなるのは9時くらい。)

日の入りは午後3時半(4時には真っ暗!)

 

12月15日午後3時半 窓からの景色↓

f:id:wakanapooh27:20181217070535j:plain

げげ、早くも暗くなり始めている....

 

12月15日午後4時半 窓からの景色↓

f:id:wakanapooh27:20181217065047j:plain

 はぁ、完全に夜になってしまった。

 

朝も真っ暗で早起きできないし、バイトや習い事を終えて夕方家に帰ると、外が暗すぎて、気持ちはもう8時〜9時。

 

あまりの暗さに「あらあら!もう夜ね!寝なきゃ!」と体が思うらしく、とにかく眠い。おかげで、夕方以降の生産性の低さが尋常ではありません。

 

はじめは、「そんなん、気持ちの問題だろ!気合い入れろよ!」と思っていました。

 

でも、これが、なかなか気持ちをコントロールできない。

 

「それならいっそ夜は遊びに行っちゃえ!」とも思うのですが、外はめちゃくちゃ寒いし、冬はなんだか変な人が多くて危なくて、なるべく早く家に帰りたい。

(スコットランド人も冬は結構そんな感じで、出不精になるらしいです。)

 

勉強したり、本読んだり、ブログ書いたり、家事したり、夜の時間をこれまで通りに有意義に過ごしたいー!!!!

 

と思うのですが、今の所、解決策を見いだせておりません。

 

「太陽の光」がこんなに人間の心に影響するとは、初めて知りました。

夏にスコットランド人がバカみたいに日光浴していたことを思い出し、今になって納得します。

 

「日差しの浴び溜め」「ビタミンDの摂り溜め」そりゃあしますね!

 

そして、冬はうつ病になる人が多いらしいです。げげ!

 

私はうつ病にはならない類の人間なので大丈夫なのですが、この暗さじゃ、うつ病になる人の気持ちもわかります。

 

恐ろしい。。 

 

まぁ、そんなこんなで、日が短い今の季節に苦戦している私です。

 

春も夏も秋も心地よい気候で、

「スコットランドだいすきー!」とか言ってはしゃいでいたのが嘘のよう。

これから更に寒くなり、地獄の季節に突入してゆきます。

 

果たして、私は生き延びられるのか!!!

 

ただただやられているばかりではいけないので、現状、2つの作戦を立てております。

 

作戦①「鍋で体をあっためよう作戦」

IH調理器を購入!そして旦那のお母さんに、鍋キューブを大量に送ってもらい、戦闘態勢整っております。

 

作戦②「ホットワインでほろ酔い作戦」

f:id:wakanapooh27:20181217065222j:plain

ホットワインだと安いワインでも美味しく飲めます。シナモンやクローブ、フルーツなどを入れてお鍋で温めて作ります! 

 

...がしかし、この2つの作戦で乗り切れるとは考え難いです。

 

日照時間の短い季節を乗り切る画期的な方法をご存知な方、ぜひ教えてください!

 

おわり。